サービス案内

法人向けサービス

税務会計顧問

・初期経理指導

事業を始められた方が最初にしなければならないのが、業務で日々発生する売上や経費などを領収書や請求書に基づいて帳簿に記帳することです。この記帳業務は、経理業務のベースであり、その積み重ねが企業の経営成績となります。当事務所が各会社に適した帳簿の記帳方法、原始資料の整理や保存方法をご指導いたします。また、会社でコンピューターによる入力をご希望のお客様には、会計ソフトの導入や、入力をお手伝いさせていただきます。

・月次サポート

当事務所のスタッフがお客様の事務所を訪問して、あるいは郵送等により経理処理のご確認をさせていただきます。この時に必要な点については修正し、月次の試算表や前期比較の試算表を作成し、ご報告いたします。また、お客様のご相談にお応えするとともに、最新の税制改正や会計情報をご提供させていただきます。必要に応じて、資金繰りのアドバイスや融資申込のご支援をいたします。また、予想税額のシミュレーションをするとともに、可能な限りの節税対策を検討いたします。

・決算・申告業務

決算期に決算書(貸借対照表、損益計算書等)や総勘定元帳を作成いたします。また、法人税、消費税、地方税に関する申告書を作成し、申告いたします。

・税務調査立会

税務調査とは国税局や税務署が、申告内容が正しいかどうかをチェックするために行う調査のことです。経営者の方は何度経験しても、不安な気持ちになるようです。しかし、この税務調査も事前の準備があれば心配いりません。平素から税務調査に耐えうる資料の作成や保存をアドバイスいたします。また、調査前には必要な資料の整理や確認をいたします。調査当日は、所長税理士と担当者が立会い、お客様の立場をしっかり主張して、納得のいく結果を引き出すようにしています。

・年末調整、法定調書の作成
・償却資産税の申告

単発決算

申告期限まであと一ケ月を切ったのにまだ何も手をつけていない、創業したてで、まだ顧問税理士と契約する余裕がない。そんな方でもご心配いりません。
領収書、請求書、通帳のコピーなどの資料をまとめてお預かりして、短期間で決算書、申告書を作成し税務署へ申告します。

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、現状の顧問税理士との契約はそのまま継続しながら、別の会計事務所に経営のアドバイス、つまり第二の意見を聞き参考にすることです。
顧問税理士を変えるのは抵抗があるけど、他の会計事務所の意見を聞いてみたい、もっと節税のアドバイスをしてほしい。このような場合にご活用ください。

ページの先頭へ