新着情報

平成26年分の路線価発表、首都圏は回復傾向に

平成26年分の路線価が7月1日に国税庁から発表されました。
路線価は相続税や贈与税を計算するための基準となるもので、毎年国税庁が発表します。平成26年分(平成26年1月1日時点)の路線価は全国平均では0.7%下落したものの、首都圏ではおおむね上昇しています。
平成27年1月から相続税が増税されます。基礎控除が4割減額されるのですが、そのうえベースとなる路線価が上昇傾向にありますので、平成27年以降に相続が発生した場合は、思ってもみなかった税金がかかってくるということもあり得ます。
いざというときのために、事前に路線価を確認して相続に備えることをおすすめします。当事務所では初回は無料にて相談を受け付けております。どうぞ、お気軽にご連絡ください。

国税庁HP(路線価図・評価倍率表)

http://www.rosenka.nta.go.jp/

2014.7.2


ページの先頭へ